FXトレードでは、通常は国内のFX業者を利用して取引を行います。
但し、海外のFX業者に口座開設することは可能であり、サービス面の違いから海外FXを利用する日本人もいます。

国内業者と海外業者は様々な面でサービスに違いがあり、よく確認してから利用することが大切です。
国内FXでは、レバレッジの倍率が最大25倍になっています。
しかし海外FXの場合は、最大1000倍程度のハイレバレッジがかけられる業者もあります。

このため、少ない投資資金で非常に大きな取引が可能になり、ハイリターンを目指す人は海外業者に興味を持つ場合があります。
但し、ハイレバレッジをかけた取引では、すぐに損失が大きくなりロスカットされる危険性が高まります。

成功した場合のリターンは大きいですが、失敗した場合のリスクも大きくなる点に注意しておく必要があります。
また、ゼロカットシステムを導入している点も、海外業者の特徴的な要素です。
これは相場の激しい価格変動によって、短時間で大きく含み損が発生する場合に、ロスカットの発動が遅れ証拠金がマイナスになるリスクを防ぐサービスです。

たとえ証拠金が借金状態になっても、0に戻すことにより、投資金額を超える大きな損失が出ないシステムです。
日本国内のFX業者では、ゼロカットシステムは導入していないため、証拠金を割り込むような状態が発生した場合はそのまま借金になります。

そのためゼロカットシステムは安心感が高くなりますが、実際的にはそこまで大きな影響は考えにくい部分があります。

そもそもFX業者は、相場の急落に備えて強制ロスカットのシステムを導入しています。
証拠金を割り込むような事態になる前に、強制ロスカットが発動します。
理屈上はそれが間に合わなくなる事態も考えられますが、現実の可能性としては低い状況です。
また、強制ロスカットが発動する前に、大多数のトレーダーは自分なりのロスカット設定を行っています。

手数料についても、国内業者と海外業者では違いがあります。
国内業者は、入金と出金の手数料を無料にしているケースが大多数です。
しかし海外業者の場合は、業者に支払う手数料は無料でも、銀行送金を利用した場合には銀行に払う手数料が必要です。

入出金手数料は、国内業者の方がコストはかかりません。
また国内業者は日本の法制度のもとに運営されているため、その点でも安心感があります。

海外業者の場合は、銀行送金による方法やクレジットカードを利用した方法など、入出金に複数の方法を用意しています。
利用方法を理解していないと、出金拒否などの事態に遭うこともあります。
信頼性の低い海外業者を利用している場合は、意図的な出金拒否も可能性としてあります。
信頼性の高い海外業者であれば、出金拒否の多くは利用者側がシステムをよく理解していないことによる手違いの場合が多いです。

海外FXをする前に知るべきポイント

海外FXが注目されているわけ

FXといえば外国為替証拠金取引のことを意味し、サラリーマンの副業としても有名です。海外FXは海外の業者と取引を行いますが、国内との違いはレバレッジが高く口座残高不足でも追加証拠金を請求されないため安心してできると思われています。

このため、一獲千金を狙うトレーダーが海外の業者に興味を持ち、ハイレバレッジでの取引を行う傾向が強いです。
国内の業者は近年ではレバレッジを最大で25倍から10倍に減らし、一獲千金を狙うことが難しくなっています。
このため、スキマ時間にコツコツ稼ぐ方法としては最適ですが、一獲千金を狙うためには厳しいです。海外の業者は取引ツールが充実しパソコンだけでなくスマホにも対応しているため、スキマ時間に多くのお金を稼ぐためにうまく活用できます。

詐欺には注意しよう

海外の業者は安心して利用できると思われがちですが、実際には詐欺も多く発生しているためリスクが高いです。
詐欺のパターンはレバレッジの高さやボーナスキャンペーンなどでメリットをアピールしますが、実際に始めてみると出金拒否を繰り返し挙げ句の果てに計画倒産をされる場合もあります。
計画倒産はいわゆる持ち逃げになりますが、信託保全を義務化されていないため預けた資金を返金してもらえなくなり注意が必要です。

このため、ホームページなどで怪しいと感じたら金融庁に相談し、アドバイスを参考にして業者を選ぶとリスクを回避できます。海外の業者は日本語対応でないと問い合わせができないことや、国内の金融庁の許可を受けていないため利用を推奨されていないため注意が必要です。また、金融庁に相談しても海外の業者を利用してトラブルが起きても対処してもらえないため、自分自身で直接交渉して解決するようにしないといけません。

欲張らないように注意しよう

高いレバレッジで取引を行うと当たれば一獲千金を狙えますが、逆に外れると大きな損失があります。

近年では価格の変動が激しく予想が当たりにくくなり、ハイレバレッジの勝負をして取り戻そうと考えると危険です。
このため、余剰資金でトレードを行うよう金銭計画を立て、普段の生活に支障をきたすことがないようにしないといけません。

副業として海外の業者を利用すると余剰資金で取引を行わないと失敗すれば大きなリスクがあり、今後の人生に影響を及ぼすこともあります。海外の業者を選ぶときは口コミや評判などを確かめ、安心して利用できることを確かめて決めることが重要です。